はじめてのキャッシング

HOME > 個人信用情報って何?

個人信用情報って何?

個人信用情報とは、金融機関によって蓄積された個人の「借金の履歴」に関する情報です。
キャッシングの申し込みがあったとき、銀行や消費者金融などが、融資するかどうか、いくら融資するか決めるとき参考にするために、データが蓄積されています。ですから、個人信用情報、すなわちあなたの「借金の履歴」が、キャッシングの契約をするときやクレジットカードを作るとき、とても大切になります。わかりやすくいうと、審査に落ちる人は、個人信用情報の内容に問題があると考えられます。

個人信用情報とは

収集する情報は個人の経済活動に関する情報ですがが、運用されている情報の実態から見れば、結局、個人の「借金の履歴」が主なものとなっています。
具体的には、個人を特定するための情報、クレジットカード等の契約に係る情報、借金の契約内容についての情報(契約日、金額、形態、返済回数等) 、借金の返済における事故、加盟会社による当該信用情報の使用履歴、本人申告情報・その他情報です。

個人信用情報機関とは

個人の「借金の履歴」に関する情報を収集し、管理するのが個人信用情報です。金融系の会社が会員となり、会員各社の顧客情報や債務情報を共有できるように統合、管理された機関です。この機関が管理する情報の登録期間は、キャッシング、ローン、クレジット情報は5年。延滞などの情報は、発生日から5年登録されます。そのほか、「本人申」をおこない、「免許証を盗まれたので、他人が使う可能性がある」といった情報も申告すれば5年登録できます。
つまり、延滞の情報が記載されていると、その情報を保有する個人信用情報機関に加盟しているキャッシング会社では、5年間は新規に借りにくいということです。

どんな機関があるのか

日本には5つの信用情報機関があります。キャッシング会社、消費者金融会社は、これらのすべてに加盟しているわけではありません。 ひとつしか加盟していない会社もあれば、ほとんどに加盟している会社もあり、さまざまです。

全国銀行個人信用情報センター  金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金、など)が会員。 
(株)シー・アイ・シー(CIC) 信販会社、家電、自動車メーカー系クレジット会社、百貨店、量販店などが会員。
全国信用情報センター連合会
(全情連)
消費者金融専業者が主な会員。全国33の個人信用情報機関からなる。
(株)シーシービー(CCB) 外資系クレジット会社などが会員。
(株)テラネット 信販会社、クレジット会社、クレジットカード会社などが会員。

情報交流とは

個人信用情報機関の情報交流、情報共有が、長年の課題でした。個人信用情報機関のうち、全国銀行個人信用情報センター、CIC、JICは、それぞれの会員が相互に個人信用情報(事故情報)を利用できるようになっています。このシステムをCRIN(クリン)といいます。消費者金融専業者が会員の、全国33の個人信用情報センターとテラネットも、情報を交流しています。
つまり、あなたの「借金の履歴」は個人信用情報機関の垣根を越えて、共有されている可能性があります。

■注意事項・免責事項
※掲載サイトはすべて全国の財務局、都道府県知事登録のキャッシング企業です。
※キャッシングの年率・限度額などは、予告なく変更される場合がありますので、ご契約前にご自身でご確認ください。